白髪染めトリートメント

敏感肌で白髪染めするなら「ジアミン・パラベン・鉱物油・強アルカリ」なしを選ぼう!

「白髪染めをしたいけれど、地肌に薬剤がつくと肌荒れが心配…」

「敏感肌の人が白髪染めする場合のオススメ用品はあるの?」

という質問を頂きました。

地肌に悪影響のある「ジアミン・パラベン・鉱物油・強いアルカリ成分」を含んでいない、カラダに優しい白髪染めがあります。

利尻ヘアカラートリートメント

その中でも「自宅・自分で塗れて簡単にキレイな仕上がりになる」白髪染めトリートメントをオススメします。

地肌についても刺激物がないので荒れることもなく、ヘアマニキュアのように根元が染められないこともないので、敏感肌の人には救世主のような白髪染め用品です。

↓よく読まれているページ↓

白髪染めトリートメントを美容師が徹底比較|染めた毛束画像を公開中

前提条件として、肌につかない白髪染めなら大丈夫

白髪染めの種類は沢山ありますが、「ヘアマニキュア」が一番肌が荒れる心配がないものです。

ただし自分では綺麗に塗布できないため、美容室でヘアマニキュアを使って染めてもらうほうがいいと思います。

ヘアマニキュアは白髪染め用品の中で、「唯一地肌につけずに白髪を染める」ものになり、敏感肌でも心配は0です。

ただ、デメリットとして「地肌につけられないため根元付近の白髪は0.5cm~1cmは残ってしまう」という点があります。

ちなみに、これは美容室で慣れている方に施術してもらったときの話です。

実際に自分で染めるなら根元の白髪「1cm~2cm」は染められないため、綺麗に全体を染めたい方には向いていません。

ただ、ヘアマニキュアじゃなくても、カラダに優しい白髪染めはあります。

無添加で肌に刺激のない白髪染め用品

通常の「ヘアカラー剤(永久染毛剤)」には、強いアルカリが入っていたり、ジアミン系と呼ばれる染色力の強い成分が入っています。

そのため、肌荒れが心配な方には不向きです。

ただ、無添加で肌に刺激のない白髪染め用品として、

  • 白髪染めシャンプー
  • 白髪染めトリートメント

の2つがあります。

上記2つは、ほとんどの商品が「ジアミン・パラベン・鉱物油・強アルカリ剤」を使っていません。

  • ジアミン:強いアレルギー反応を起こすことがある成分(染毛力が強い)
  • パラベン:防腐剤(化粧品や薬剤によく入っている)
  • 鉱物油(パラフィン):石油から作られる・肌に刺激や炎症を起こす
  • 強アルカリ剤:2剤式のヘアカラー剤に入っているもの

これらの刺激物が一切入っていないので、地肌につけても悪影響がないようになっています。

ヘアマニキュアと違い、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーは地肌についてもすぐに色が取れるので、根元付近の白髪でもキレイに染めることができます。

また、お風呂に入っているときに普段のトリートメントやシャンプーの代わりに使うだけなので、自宅・自分でも気軽に利用できる優れものです。

無添加・植物由来の天然成分を使っている。

刺激物は入っていないため、植物アレルギーがなければ安心して白髪染めできる。

肌や髪への刺激が心配なら「ジアミン・パラベン・鉱物油・強アルカリ」が入っていない「白髪染めトリートメント」を使ってヘアカラーしていきましょう。

白髪染めトリートメント徹底比較
白髪染めトリートメント 徹底比較 ランキング

実際に白髪染めトリートメントを購入して毛束に染めた画像を公開中です。

各商品の染まり具合の違いや色味を簡単比較できるページを作りました。

美容師が商品を試して感じたことを書いているので、商品選びの参考にしてみて下さい♪

⇒白髪染めトリートメントを美容師が徹底比較|染めた毛束画像を公開中