白髪染めトリートメント

白髪染めでおしゃれ染めすると意外と綺麗に染まる|痛んで光った髪の毛にも有効

「白髪染めの代わりにおしゃれ染めを使う」のは、染料が薄すぎることと、白髪を染めるための色み(メラニン色素の代わりになる染料)が入っていないのでNGです。

でも、「おしゃれ染めの代わりに白髪染めを使う」のは意外と綺麗に染まるので、案外使いどころがあります。

おしゃれ染めは、脱色効果が強くて塗りムラができやすいのが大きなデメリットです。

黒髪をかなり明るくできる代わりに染料が薄いので、「塗布する量の差・根元付近の温度差・放置時間の差」によって、頭髪全体がまばらになってしまう可能性があります。

美容室では、おしゃれ染めをするときは

  • 染まりにくくて温度が低い後ろの下から塗る
  • 根元は染まりやすいのであけておいて後で塗る

と段階的に塗っていきますが、自分でカラーリングするときは難しいですよね。

でも、白髪染めなら「脱色効果もそこそこ・染料は濃い」ので、仮に塗りムラがあったとしても、おしゃれ染めのように汚くはなりにくく作られています。

個人的に、そんなに明るい色ではなく「暗めの茶色」ぐらいにするのであれば、髪質が「剛毛な人」以外は、白髪染めの薬剤を使ったほうがいいと思います。(市販の薬剤を使うなら)

仕上がりが明るくなる白髪染めカラー剤を使えば、オシャレ染めのように綺麗な茶色にできます。

またレアな使い方ですが、髪が痛んで金髪っぽく光っているケースでも明るい白髪染めカラー剤が役立ってくれます。(上からおしゃれ染めするより圧倒的にキレイになる)

※ただし剛毛な髪質の場合は、白髪染めに入っている脱色効果では明るくできません。

注意することは「暗い色の白髪染め」を選ばないこと

白髪染めは、黒髪の色を抜く力よりも真っ白な白髪がちゃんと染まるように「染料が濃い」のが特徴です。

なので、白髪染めを使っておしゃれ染めをしようとする場合は「黒髪を明るくする力」が比較的強い、明るい色の白髪染めを選ばないといけません。

仮に暗めのものを選んでしまうと、黒髪があまり明るくならないのは勿論ですが、染料が濃いので「もう一度違うカラー剤で染める」というときに、前の白髪染めが邪魔をしてしまいます。

暗い色を入れるとやり直しが効かなくなってしまうので気を付けましょう。(すぐに染め直すには、期間を空けるかブリーチで脱色するかの2択)

白髪染めトリートメント徹底比較
白髪染めトリートメント 徹底比較 ランキング

実際に白髪染めトリートメントを購入して毛束に染めた画像を公開中です。

各商品の染まり具合の違いや色味を簡単比較できるページを作りました。

美容師が商品を試して感じたことを書いているので、商品選びの参考にしてみて下さい♪

⇒白髪染めトリートメントを美容師が徹底比較|染めた毛束画像を公開中