白髪染めトリートメントの安全性

妊娠中の白髪染めヘアカラーは白髪染めトリートメントを使おう|アレルギーと赤ちゃんへの影響

妊娠中の白髪染め・ヘアカラーはよくないと言われていますが、科学的根拠があるわけではありません。

頭皮から吸収された化学物質が体内を巡って赤ちゃんに届いてしまい、何かあったら困る・・・という理由から、カラダに悪いものを使っているカラー剤はダメ、と言われています。

妊婦さんがNGなものとしては、ほかにも水銀が含まれるマグロだったりとか、トリプトファンなどのアミノ酸サプリだったりとか、ふつうの風邪薬とか色々ありますよね。

直接的に「○○の成分が害を及ぼす」と分かっているものや、根拠はないけどやめておいたほうが吉とされているものまで様々です。

しかし、カラー剤は辞めておいたほうがいいでしょう。

妊娠中じゃなくても皮膚のかぶれやアレルギーなどを引き起こしてしまうのに、肌が敏感になった妊婦さんがヘアカラーするのはオススメできません。

一般的なカラー剤は刺激物質がたくさん含まれているので、よほどのことがない限りは辞めておいた方が無難です。

でも、ヘアカラーをするのが我慢できるけど、白髪をそのまま放置しておくのは厳しいかたもいらっしゃると思います。

私も白髪染めはしていました、いくら妊娠中でも白髪頭で外を歩けませんからね(汗)

そんなときは、美容院で白髪染めするのではなく、薬局でカラー剤を買うでもなく、「白髪染めトリートメント」を使うことをオススメします。

アレルギー物質・刺激物質が含まれていない、髪と頭皮・カラダに優しい白髪染めトリートメントを利用しましょう。

元美容師ですが、白髪染めトリートメントは妊婦さんにもオススメできるカラー剤の一つかなと思います。

お店でヘアマニキュアしてもいいけど、自宅で気軽に染められるのがなによりも嬉しいです。

美容院はつわりが収まれば通えるけども、カラダには悪いし、ずっと座っているのが辛くて仕方ありませんからね(汗)

↓よく読まれているページ↓

白髪染めトリートメントを美容師が徹底比較|染めた毛束画像を公開中

白髪染めトリートメントなら赤ちゃんに害はないし、頭皮も荒れる心配がない

白髪染めトリートメントは、黒髪を脱色・染色する力はなく、白髪だけを染められるものです。

髪の表面に色をつけて染めるので、ヘアマニキュアのように髪を染めつつ、髪のケアが同時にできるというものになります。

通常のヘアカラー剤は、髪をこじあけて色を入れるメカニズムになっていて、髪のメラニン色素を壊すために強い薬が使われています。

その薬がアレルギー反応を起こしたり、頭皮に刺激を与えるとともに、赤ちゃんに悪いと言われているのです。

白髪染めトリートメントは黒髪を明るくすることはできませんが、白髪を染められるしカラダに悪い成分は入っていません。

それに、そこまで染料が強くないので、出産後に美容院に行ってカラーリングする場合でも、それほど問題なくキレイに染まります。(多少塗るのが難しくなるけど、美容師なら対処できる範囲)

下記には、わたしが試してよかった白髪染めトリートメントを紹介しています。

ダメージなし、無添加とカラダに優しい作りになっているので、「普通のカラーはできないけど白髪をどうにかしたいなぁ」と思っているならぜひ試してみて欲しいです。

白髪染めトリートメント徹底比較
白髪染めトリートメント 徹底比較 ランキング

実際に白髪染めトリートメントを購入して毛束に染めた画像を公開中です。

各商品の染まり具合の違いや色味を簡単比較できるページを作りました。

美容師が商品を試して感じたことを書いているので、商品選びの参考にしてみて下さい♪

⇒白髪染めトリートメントを美容師が徹底比較|染めた毛束画像を公開中