白髪染めトリートメント

地肌が染まらないヘアマニキュアはある?|薄い染料で何度も染める必要がある

髪の毛を痛ませずにしっかり染める白髪染めカラー剤がないように、地肌が染まらないヘアマニキュアもありません。

長所と短所はどの白髪染め用品にも必ずあるので、ヘアマニキュアを使うなら「地肌につくと中々取れない」は諦めるしかないのです。

しかし、ヘアマニキュアを塗る際に「耳にキャップをつけて、フェイスラインやネープラインにコールドクリームを塗る」という工夫をすれば、皮膚に薬剤がつかなくなります。

家にある適当な油分のあるクリームならどれでも大丈夫なので、ヘアマニキュアを塗る際は「染まってほしくない箇所にクリームを塗る」を試してみてください。

地肌が染まらない白髪染めトリートメントならあります

ヘアマニキュアが地肌についてしまうのは、「1回の施術で濃い色を髪の毛表面につけるため」です。

地肌が染まらないぐらい染料を薄くしてしまうと、1回のカラーでは白髪にしっかりと色が入らなくなります。

ヘアマニキュアに似たような白髪染め用品には「白髪染めトリートメント」があり、そちらは地肌が染まりません。

しかし、白髪を染める力はヘアマニキュアよりも弱いので、使い始めは3~4日連続で染める必要がありますし、色落ちもするので週1回程度は染めなくてはなりません。

それでも、ヘアマニキュアのように地肌ぎりぎりに塗る必要がなく、地肌につけてもダメージもなく染まりもしないので、根元の白髪もしっかり染めることができます。

ヘアマニキュアは自分で塗るのはかなり難しく、熟練の美容師でも根元から5mm程度の白髪は染めることができません。

誰でも簡単に染めれて「地肌は染まらないし頭皮にも優しい白髪染めトリートメント」、私は気に入ってます。

白髪染めトリートメント徹底比較
白髪染めトリートメント 徹底比較 ランキング

実際に白髪染めトリートメントを購入して毛束に染めた画像を公開中です。

各商品の染まり具合の違いや色味を簡単比較できるページを作りました。

美容師が商品を試して感じたことを書いているので、商品選びの参考にしてみて下さい♪

⇒白髪染めトリートメントを美容師が徹底比較|染めた毛束画像を公開中